FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
遼  子 「 待たせたな。早速状況を説明してくれ 」

カティア 「 ええ、この地図を見て 」

         ・
         ・
         ・

20150807_001_s.png
クリックで拡大

遼  子 「 ほぅ・・・よくここまで辿り着けたな 」

―― この島まで辿り着くとは・・・さすがだな。
   ここで囚われたとなると、あの村か・・・

カティア 「 苦労したわよ・・・しかし、こんなにも危険な所だったとは…
       で、何とかなりそう?
       あなたならこの島の事情にも通じてるんでしょ? 」

遼  子 「 あぁ大丈夫だ 」

―― あの村に行くことになるのか・・・
   カティアとソフィアには悪いがちょっと遊ばせて貰うことにするか

カティア 「 すぐ発つ? 何人かはおさえておいたけど 」

遼  子 「 島に行くのは、私とお前二人でいい。ヘリだけ準備してくれ 」

カティア 「 ヘリなら屋上でスタンバってるわ 」

遼  子 「 よし!すぐ向かうぞ 」

line1.gif

カティア 「 地図にも載っていない島。こんなとこがあるのね・・・ 」

遼  子 「 ああ、ここでは私らの世界の常識は通用しないぞ
       まずはこの街のギルドで道案内を探す 」

line1.gif

シャーリィ 「 あら?久しぶりね♪ 」

遼  子  「 あの村に行きたい。案内を頼む 」

シャーリィ 「 ん?あなたなら案内なんかいらないんではなくって? 」

遼  子  「 今回は訳ありでな・・・正規ルートの逆側から入りたい 」

シャーリィ 「 ふーん、それで道案内って訳ね・・・精霊使いがいいかしら?
       適任な子がいるわ 」

20150807_002_s.png
クリックで拡大

遼  子   「 こいつらか、使えるんだろうな? 」

スゥリア  「 何だと! 」

ルィンへン 「 よろしくお願いします 」

遼  子  「 ほぅ・・元気はいいようだな 」

シャーリィ 「 あのルートならこの二人で問題ないわよ。仲良くしてね! 」

スゥリア  「 チッ・・・ 」

遼  子  「 よし!早速出発するぞ! 」

line1.gif

カティア  「 きゃぁ!何このでかい蜘蛛! 」

20150807_003_s.png
クリックで拡大

遼  子  「 うっとおしいのが出て来たな・・・・
       おい!案内人何とかしろ! 」

スゥリア  「 数が多いな・・・一気に焼き払うか! 」

ルィンへン 「 森を焼いちゃだめ! 」

カティア  「 きゃぁぁぁぁ 」

20150807_004_s.png
クリックで拡大

スゥリア  「 ぬ? これは・・・ 」

20150807_005_s.png
クリックで拡大

○○○○  「 よぅ!スゥリア、久しぶりじゃん! 」

スゥリア  「 お前か・・・ 」

○○○○  「 抑えとくからとっとと焼いちゃいな! 」

20150805_001_s.png
クリックで拡大

20150807_006_s.png
クリックで拡大

○○○○  「 街の生活は飽きたの?戻ってくるのかい? 」

スゥリア  「 今日来たのは仕事だ。あの村までこいつらを案内だ 」

○○○○  「 ふーん・・・じゃぁ私が案内したげるよ!
       この辺は昔と変わっちゃったし。それに面白そう! 」

カティア  「 何なの?ここは! 」

遼  子  「 ここはこういう所だ 」

カティア  「 とんでもない所に来ちゃったわね・・・ 」


新たに元気っ子なダークエルフを加えた5人はあの村に向かいます。
どうなることでしょう?
書いてる私もわかりませんw


つづく
スポンサーサイト
[PR]

Secret

TrackBackURL
→http://riru2016.blog.fc2.com/tb.php/222-5fb24bab
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。